ニキビ跡 隠す

ニキビ跡は上手に隠す!メイクのポイントを抑えて美肌を演出しよう!!

多くの女性にとってメイクは欠かせないものですよね。特に若い女性はメイクでより美しい姿へ変身する事ができます。しかしニキビ跡があると、時間をかけてメイクしても納得できない仕上がりになりませんか?

 

そこで今回はニキビ跡を上手に隠すメイク方法についてご紹介していきます。メイクの仕上がりをワンランクアップさせる為にも、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

ニキビ跡を隠す基本的なメイク方法とは!?

 

ニキビ跡を隠したい一心で、コンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまう方も多いと思います。しかしこの方法では厚化粧と思われてしまいますし、今あるニキビを悪化させる可能性がありますよね。

 

そんなお悩みを解消してくれるのが「コントロールカラー」です。コントロールカラーをあなたのニキビタイプに合わせて利用する事で、ニキビ跡を綺麗に隠せるのです。又「ポイントメイク」を取り入れる事も、厚塗り防止に繋がります。

 

そしてベースメイクの仕上げである「フェイスパウダー」も忘れてはいけません。フェイスパウダーは顔全体を明るくし、ニキビ跡を目立ちにくくしてくれるのです。これらの基本的なポイントを頭に入れた上で、下記に記載するメイク方法をご覧下さいね!

 

ニキビ跡の種類別!上手にニキビ跡を隠すメイク方法!!

 

*赤みタイプのニキビ跡には*

 

赤みタイプのニキビ跡を隠す場合は、黄色のコントロールカラーを利用しましょう。赤に対する補色として黄色を加える事で、肌色と調和し赤みのあるニキビ跡を隠す事ができます。又、ポイントで赤みを隠したい場合は、コンシーラーを利用すると良いでしょう。

 

綿棒や平筆にコンシーラーをつけ、肌においていきましょう。そして赤みタイプのニキビ跡は、白色のファンデーションをのせると、より赤みが目立ってしまいます。コントロールカラーやコンシーラーを利用し、肌の赤みを抑えて下さいね。

 

*色素沈着タイプのニキビ跡には*

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、下地を塗った後にカバー力の高いリキッドファンデーションを塗りましょう。一度塗りでは隠れない場合は、再度リキッドファンデーションを塗っていきます。それでも気になる箇所があるなら、薄くコンシーラーを塗って下さい。

 

色素沈着タイプのニキビ跡はファンデーションとコンシーラーで隠していきます。しかし「薄く塗る」という事を忘れないで下さいね!

 

*凹凸(クレーター)タイプのニキビ跡には*

 

凹凸タイプのニキビ跡は、化粧下地を使って肌の凹凸を平らにする事から始めましょう。コンシーラーやファンデーションで凹凸を隠そうとすると、厚塗り感が出てしまいます。よって化粧下地で凹凸を消してから、ファンデーション等を塗っていきましょう。

 

上記がニキビ跡のタイプ別のメイク方法です。メイクの腕をアップさせる為にも、ぜひチャレンジしてみて下さい!

 

メイクを上手に取り入れ理想の肌へと近づこう!

 

今回はニキビ跡を隠すメイク方法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?ファンデーションやコンシーラーだけが、美肌を作るのではないという事がお分かり頂けたと思います。

 

コントロールカラーや仕上げのフェイスパウダーを上手に取り入れ、明るく滑らかな肌を作っていきましょう。厚塗りは厳禁ですので、覚えておいて下さいね!又、ニキビ跡はメイクで隠すだけでなく、根本を改善していく必要がります。

 

生活習慣や食生活の改善・スキンケアの見直し等を行い、しっかりセルフケアしましょうね。どうしてもニキビ跡を改善したいと言うなら、美容皮膚科を受診するのもオススメです。改善が難しい凹凸タイプのニキビ跡も治療する事ができますよ。

 

メイク・生活習慣の見直し・病院での治療等を行い、美しい肌を取り戻していきましょう!