ニキビ跡 ストレス

ストレスは溜めこまないが吉!ストレスによるニキビ跡を改善しよう!!

現代はストレス社会と言われますが、あなたはストレスを溜め込み過ぎていませんか?「私は大丈夫」と思っていても、気付かない内にストレスを感じている場合もあります。ストレスは心身に大きなダメージを与えてしまいますよね。

 

それはニキビ跡も同じなのです。そこで今回は、ストレスとニキビ跡の関係についてご紹介していきます。ストレスを解消し、綺麗な肌を手に入れたい方は必見ですよ!

 

ストレスはニキビやニキビ跡を増やす?その理由とは!?

 

ストレスは心身に悪影響を及ぼしますが、実はニキビ跡も同じでストレスにより増加・悪化してしまいます。では、どうしてストレスが肌荒れを生んでしまうのでしょう?それには2つの理由が挙げられます。

 

まず1つ目は肌の機能低下です。過度のストレスを受けると、ターンオーバーの機能が低下してしまいます。これによりニキビ跡の治りが悪くなります。

 

又、色素沈着タイプのニキビ跡ができやすくなってしまうのです。ニキビ跡の改善にはターンオーバーを正常化する事が必要になってきますので、覚えておいて下さいね。そして2つ目が自律神経の乱れです。

 

強いストレスは自律神経の乱れを招きます。すると交感神経が活発になり、皮脂の分泌量が増加します。その結果、ニキビができやすくなったり、ニキビ跡が治りにくくなったりするのです。

 

これがストレスの影響でニキビ跡が悪化する理由です。過度のストレスを抱えているのなら、なるべく早めに解決していきましょうね。又、下記ではストレスやニキビ跡に効く生活習慣の改善方法を記載していますので、ぜひご参考にして下さい!

 

ストレスを解消してニキビ跡を改善する生活習慣はコレ!

 

*ストレスを発散させる*

 

ストレスが原因でニキビやニキビ跡が生じているのなら、やはりストレスを発散させる事が大切です。美味しい物を食べる・ショッピングする等、あなたに合ったストレス発散法を見つけましょう。自身では改善できないなら、専門家を受診してみると良いでしょう。

 

*睡眠不足を解消する*

 

睡眠不足は肌のターンオーバー機能を低下させてしまいます。さらに、睡眠不足はストレスにもなってしまいます。ニキビ跡を改善するなら、必ず十分な睡眠をとるように心掛けましょう。

 

22時~2時の間は肌の黄金タイムと言われていますね?しかしこの時間に睡眠をとってもニキビ跡が治らないというのなら、それは睡眠の質が悪いのかもしれません。又、「早く眠らなきゃ」という焦りがストレスになっている場合もあります。

 

そんなあなたは、入眠から3・4時間目までの睡眠を良質なものにする事を心掛けましょう。この入眠後3・4時間目までに良い睡眠をとる事が、最もターンオーバーの促進に繋がります。半身浴・アロマ・ストレッチ等を取り入れ、良質な眠りを誘いましょうね。

 

*食生活を整える*

 

ターンオーバーを促すには、食生活の改善も欠かせません。ニキビ跡の改善にはビタミンを多く含む食品を取り入れましょう。特にビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE等を積極的に摂取して下さいね。

 

又、深夜の食事や過度なダイエットも、肌にとっては悪影響です。1日3食、適切な時間に食事をするよう心掛けましょう。

 

*適度に運動する*

 

適度に体を動かすと血行が良くなり、ターンオーバーを促す事ができます。又、運動にはストレスを発散する効果もありますので、ニキビ跡の改善に相応しいのです。ウォーキングやジョギング等の軽い運動で構いませんので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

ストレス発散がニキビ跡の改善には必須だった!

 

今回はストレスとニキビ跡の関係についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?ストレスは肌だけでなく、心身にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。過度なストレスをお持ちなら、あまり頑張り過ぎず、適度に発散させましょうね。

 

上記でも記載しましたが、ストレスを自身で改善できない場合は、専門家を受診しましょう。又、ニキビ跡が酷い場合も美容皮膚科等を受診する事がオススメです。ストレスを解消し、気になるニキビ跡を治していきましょうね!