ニキビ跡 治し方 赤み

ニキビ跡の効果的な治し方~赤みが強い跡を改善する方法~

ニキビ跡ができてしまった場合、あなたはどのようにケアしていますか?
ニキビ跡は悪化すると、色素沈着しシミのように改善がさらに難しくなってしまいます。
まだニキビ跡の内に、しっかり効果的なケアをすることが大切です。

 

そこで今回は赤みの強いニキビ跡の治し方についてご紹介していきます。
赤みの強いニキビ跡は、原因に合ったケアをすれば改善は早いニキビ跡です。
ぜひお手入れの参考にしてみましょう!

 

赤みが強いニキビ跡が残る原因は?

 

ニキビが治まった後に、赤みが強いニキビ跡が残ってしまうことがあります。
この原因がニキビによるダメージから、肌を修復・再生するための働きが影響を与えていることが考えられます。

 

ニキビは様々な原因によって、過剰に分泌した皮脂や老廃物が毛穴に詰まり、肌が炎症を起こしている状態です。この炎症により皮膚組織がダメージを受けると、損傷した箇所を修復するために血液が集中することになります。

 

血液が集中することで毛細血管が拡張し、肌の炎症が治まった後も血液の赤い色素が透けて見えている状態になり、これが赤みの強いニキビ跡の原因となっています。

 

赤みの強いニキビ跡は、ニキビ跡の中でもより軽度な状態で、ニキビの炎症が跡として残る初期の段階ということが言えます。赤みが強い状態の時に、適切なケアを行えば比較的早く改善が見込めるニキビ跡です。

 

しかしこの赤みの強いニキビ跡を放置すると、血流が滞り血液が排出されずに肌内部に留まる紫がかったニキビ跡へと変化したり、紫外線などの影響によりメラニンが過剰に分泌されシミのような黒色になったりと、改善が難しいニキビ跡へと深刻化してしまいます。

 

先述の通り、赤みの強いニキビ跡は比較的改善しやすいニキビ跡なので、ニキビ跡が悪化しないように、早い段階でお手入れを行うことが、元の美しい肌を取り戻すためには重要なポイントになります。

 

赤みの強いニキビ跡の治し方

 

赤みの強いニキビ跡が肌に残っている場合は、肌のターンオーバーが正常に行われていないことが考えられます。皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっており、表皮内にはさらに基底層・有棘層・顆粒層・角質層の4層に分かれています。

 

ターンオーバーとはこの表皮内の基底層から新しい健康な細胞が生まれ、肌表面へと押し上げられることで、古くなった角質が自然と剥がれ落ちながら肌が生まれ変わる、肌の新陳代謝のことをです。

 

20代頃なら約28日間を1サイクルとして肌が生まれ変わります。このターンオーバーの働きによってニキビの炎症でダメージを受けた細胞が排出され、健康な肌へと生まれ変わりますが、ターンオーバーが乱れると、古い角質が蓄積しニキビ跡の改善も難しくなります。

 

赤みの強いニキビ跡を改善させるためには、このターンオーバーの乱れを整えて、肌内部に蓄積したダメージを早期に排出することが重要です。ターンオーバーを整えるためには、スキンケアも大切ですが、生活習慣の見直しも一つのポイントになります。

 

ターンオーバーは睡眠不足や食生活、ストレスなどの影響を受けて乱れてしまうことが多いため、お肌の状態が不安定な時には、生活習慣の見直しを意識する必要があります。

 

特に睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されるため、肌ダメージの修復やターンオーバーの乱れを整えるための重要な時間帯です。睡眠不足が続いてしまうと、肌の修復に悪影響を与えてしまうので十分な睡眠時間がとれるようにしましょう。

 

また皮膚を修復するためには、数多くの栄養素も必要となります。
毎日の食事から摂取する栄養素も肌に大きな影響を与えるので、ファストフードやコンビニ弁当ばかりになりがちな方は、食事の見直しも一緒に行いましょう。

 

お手入れのポイントとしては、ターンオーバーが乱れ古い角質が肌表面に蓄積している時にはピーリングのお手入れをプラスしたり、ニキビ跡が悪化しないように紫外線対策を取り入れたりと、肌のバランスを整えるケアを意識しましょう。

 

効果的な治し方で赤みの強いニキビ跡を改善しよう!

 

赤みの強いニキビ跡を改善するためには、スキンケアや生活習慣など内側と外側の柄葉面からケアすることで、より早く美しい肌を取り戻すことができます。

 

肌のターンオーバーを整えることは、ニキビ跡の改善だけでなくニキビ自体ができにくい健康的なお肌を維持することにも繋がっていくので、ぜひ日頃から意識して美肌のために必要なケアを心がけましょう。