ニキビ跡 治し方 色素沈着

ニキビ跡の効果的な治し方~色素沈着を改善する方法~

ニキビ跡を放置してしまうと、いつの間にか肌に色素沈着してしまい、ニキビ跡ではなくシミに近い状態になってお肌に残ってしまうことになります。
できればニキビ跡の状態が初期の段階で改善することが理想的です。

 

そこで今回はなぜニキビ跡が色素沈着してしまうのか、またその治し方や予防法について詳しくご紹介していきます。

 

ニキビ跡が色素沈着してしまう原因は?

 

ニキビがニキビ跡として残ってしまい、一生懸命お手入れしてもなかなか消えない場合は、ニキビ跡が色素沈着し、シミのように肌の中に蓄積していることが考えられます。色素沈着してしまったニキビ跡でも、効果的にケアすれば元の美しい肌へと戻すことができます。

 

ニキビ跡が色素沈着してしまう原因は大きく分けて2つあります。

 

まず考えられるのがニキビの炎症がひどかった場合です。ニキビは毛穴の中でアクネ菌が増殖することで炎症を起こしている状態です。アクネ菌の増殖により起こる炎症から肌を守るために、肌内部では活性酸素が発生するようになります。

 

活性酸素には皮膚内の雑菌を除去する働きがあるため、アクネ菌を抑制するためには重要です。しかし同時に強い毒性も持っているため、過剰に活性酸素が発生してしまうと肌を老化させたり肌トラブルの原因になったりと、肌にとってはマイナス面も…。

 

この活性酸素のマイナス面から肌を守るために、肌の中では更にメラニンも過剰に分泌されるようになります。メラニンはシミやそばかすの原因ともなる黒色色素で、肌を守る一方で肌に蓄積していくと、ニキビ跡が消えずに肌に残ってしまうのです。

 

もう一つの原因が、ニキビ跡をケアせずに放置したことで色素沈着する場合です。肌の中で炎症が起こるとそのダメージを修復するために血液が集中するようになります。血液が集中し拡張した毛細血管が透けて見える状態を、初期の赤みの強いニキビ跡となります。

 

赤みの強いニキビ跡は比較的軽度な状態なので、しっかりケアをすれば元の肌へと戻っていきますが、お手入れを怠ることで紫外線などの影響を受けてメラニンを発生させる原因となり、肌内部に色素沈着してしまうのです。

 

このような原因でニキビ跡が色素沈着してしまうと、いつまでも肌に残り、改善が難しくなっていきます。ニキビ跡が残ってしまった場合は、色素沈着してシミのような深刻な肌トラブルに悪化しないように効果的にケアをすることが重要なポイントになります。

 

色素沈着したニキビ跡の治し方と予防法

 

ニキビ跡が色素沈着してしまう原因には、メラニンの影響が大きいと言えます。過剰に分泌されたメラニンは、肌のターンオーバーによって少しずつ薄くなり、改善していくことがほとんどです。

 

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルで、肌表面の表皮部分の基底層から新しい細胞が生まれ、徐々に角質へと押し上げられることで、メラニンを含んだ古い角質を排出していきます。20代であれば約28日程度で肌が新しい細胞へと生まれ変わります。

 

しかしこのターンオーバーが乱れると、メラニンを多く含んだ古い角質が肌表面に蓄積することになり、ニキビ跡がなかなか改善しにくくなります。また古い角質が蓄積しているとスキンケアの効果も実感しにくくなるので、ターンオーバーを整えるケアが必要です。

 

ビタミンC誘導体や美白系のお手入れは、メラニンの生成を抑制し、ターンオーバーの乱れを整えていく働きがあります。ニキビ跡が色素沈着してしまった時には美白のケアをプラスしてしっかりお手入れするようにしましょう。

 

また紫外線の影響で更にニキビ跡を濃く、深刻化させてしまいます。
日中は日焼け止めやUV成分が含まれるファンデーションなどで、紫外線対策を行うようにしましょう。

 

肌にゴワつきを感じる時には、古い角質を除去するピーリングや美白パックなどのお手入れをプラスして行うなど、自分の肌状態に合わせて、必要となるケアを取り入れていきましょう。

 

ニキビ跡は色素沈着する前に改善しよう!

 

ニキビ跡が色素沈着しても、適切なケアをすれば徐々に薄くなり改善されていきます。
しかし元の肌に戻るまでには、かなりの時間が必要になるので、ニキビができた時には早期に対処し、ニキビ跡が色素沈着しないようにケアしていくことが重要です。

 

美肌を維持するためにも、自分の肌状態をしっかり把握して、その時々に合わせた必要なケアを行うように、日頃から意識しておきましょう!