ニキビ跡 原因

ニキビがニキビ跡になる原因は?肌ダメージを回避する正しい対処法

お肌にニキビができてしまうと、治った時にニキビ跡として残る場合と、そうでない場合がありますが、なぜニキビ跡が残ってしまうのかご存知ですか?

 

ニキビ跡が残る場合と残らない場合と何が違うのか、その原因について詳しくご説明していきます。ぜひ参考にして、ニキビ跡のない美しい素肌づくりに役立てましょう!

 

ニキビがニキビ跡になってしまう原因は?

 

ニキビがニキビ跡となって残ってしまう原因は、大きく分けて2種類あり、ニキビの炎症が悪化したことで起こるケースとニキビを指や爪で潰すことで起こるケースがあります。
このような肌ダメージがニキビ跡を残してしまう原因になっているのです。

 

まず、ニキビはニキビの原因菌であるアクネ菌が、汗や皮脂、老廃物などが毛穴に詰まることで、それを栄養分としながら過剰に増殖するようになります。このアクネ菌のダメージから肌を守ろうとする白血球か敏感に反応したことで起こる炎症が原因になっています。

 

アクネ菌に反応するはずの白血球が、毛穴周辺の皮膚にまで攻撃してしまうことで、さらに炎症を悪化させて肌ダメージを大きくしてしまい、ニキビ跡が残ってしまうようになるのです。

 

次にニキビを潰すことで起こるニキビ跡です。
ニキビができると気になってしまい、ついつい指で触ってしまったり、爪で引っかいたりと、ニキビを潰してしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

しかしニキビを潰してしまうと、爪や指に付着した雑菌が傷口から皮膚の中に入り込み、更に炎症を悪化させてしまい、ニキビ跡を残す原因となってしまうのです。

 

ニキビ跡の状態によっても、その原因が別れており、ニキビの炎症によって受けた肌のダメージを修復するために血液が集中し、集結・拡張した毛細血管が透けて見えている赤みの強いニキビ跡と、毛細血管がうっ血することで生じる青や紫系のニキビ跡があります。

 

そしてこのような赤みや紫系のニキビ跡を放置していると、紫外線などの影響によって色素沈着し、シミのように茶色や黒へと変色していきます。これは肌を守るためのメラニンが皮膚の中で過剰に発生し、角質の中に多くのメラニンが留まることが原因となっています。

 

そして最後に、ニキビ跡の中で最も改善が難しいと言われているのがクレーター状のニキビ跡です。これは炎症によるダメージが、肌の深部にまで達してしまったことで損傷が激しく、自力で修復することが難しくなってしまったことが原因です。

 

このようにニキビ跡が残る原因や、ニキビ跡の状態による原因をしっかり把握し、自分の肌に残るニキビ跡がどのタイプか見きわめることができれば、効果的なケアで気になるニキビ跡を改善することができます。またニキビ跡の予防にも意識を向けることができます。

 

ニキビ跡の改善とニキビ跡を残さない予防法

 

できてしまったニキビ跡はしっかりケアをしてあげないと、どんどんと改善が難しくなるので、気を付けましょう。

 

まずニキビ跡の初期である赤み、紫のニキビ跡は比較的早く改善できる状態です。
この状態の内にしっかりケアできていないと、色素沈着やクレーター肌といった深刻なニキビ跡へと悪化してしまいます。

 

赤みや紫のニキビ跡は肌に炎症が残っており、修復しようという働きによって生じている状態です。まずは洗顔をしっかり行い肌を清潔に保つようにしましょう。古い角質が肌に蓄積するとニキビ跡の改善を阻害してしまうので、ピーリングも有効なお手入れです。

 

洗顔やピーリングの後は、肌が乾燥しやすい状態になりがちです。
肌の乾燥はニキビ跡を悪化させたり、その他の肌トラブルの原因となったりしてしまうので、保湿を意識したお手入れを行い、肌の状態を安定させるようにしましょう。

 

茶色や黒の色素沈着してしまったニキビ跡は、肌内部に蓄積したメラニンを排出することが大切です。シミのお手入れと同じように、美白のケアをプラスして、肌のターンオーバーを正常に戻して、メラニンを多く含む不要な角質を溜め込まないように整えましょう。

 

また紫外線の影響を受けてどんどんと色が濃くなってしまうこともあるので、日中は日焼け止めなどで紫外線の対策もしっかり行うようにしましょう。

 

ニキビ跡がクレーター状になってしまうと、なかなかホームケアでは改善が難しくなってしまいます。ニキビによって肌に凹凸ができてしまった場合は、美容クリニックや皮膚科に相談してみましょう。

 

このようにニキビがニキビ跡になってしまうと、元の美しい肌に戻すまでにはかなりの期間を要することになります。ニキビができた時にはニキビ跡が残らないようにしっかりケアをしておくことが大切です。

 

肌の炎症を悪化させてしまうので、ニキビが気になっても指や爪で触ったり潰したりすることは絶対に避けましょう。肌を清潔に保ち、肌の状態に合わせてスキンケアを行うことで、ニキビは早期に改善し、ニキビ跡も残りにくくなります。

 

ニキビ跡になる原因を回避し美しい素肌へ!

 

睡眠不足や疲れがたまっている時など、忙しい毎日の中でどんなにケアしていてもニキビができてしまうことが多々あります。できてしまったニキビは、ニキビ跡にならないよう、原因に合わせてケアすることが大切です。

 

まずは自分がどういう時にニキビができやすいのか肌質や肌の状態を見極めて、ニキビができにくい肌作りを意識して、毎日のお手入れを見直してみましょう。